武蔵野音楽大学など、有名音楽大学の定期公演・演奏会

武蔵野音楽大学はじめ、首都圏の各音楽大学にて行われる定期公演や演奏会について紹介します。

東京学芸大学の定期公演・演奏会

東京学芸大学には、学生が作っている各種サークルがたくさんありますが、東京学芸大学管弦楽団もその中のひとつです。
東京学芸大学管弦楽団は特に有名でよく知られたサークルで、頻繁に定期公演や演奏会を開催しています。
2016年の12月17日には、川口総合文化センターリリア メインホールにて演奏会が行われます。
チャイコフスキーなど有名作曲家の作品が演奏されますので、音楽に興味がある方にとっては魅力的なイベントではないでしょうか。

東京学芸大学管弦楽団が開催する各種イベントは一般人であっても申し込むことが可能ですから、気軽な気持ちで音楽に親しむことができるでしょう。

そもそも東京学芸大学管弦楽団というのは、基本的には同大学の学生が集まるサークルではありますが、音楽の演奏が好きな学生であれば他の大学の生徒も参加できます。
演奏会前は毎週練習に励んでいますし、合宿などもし、上達を図っているので、定期公演や演奏会では見事な音色を響かせてくれます。

具体的な演奏活動内容ですが、学生の入学式や卒業式での演奏、さらに春シーズンに行う演奏会、そして定期的に開く演奏会、公演など、さらに同大学の附属特別支援学校での音楽教室での活動も行っています。

今は東京学芸大学だけではなくて、音楽学部を有する大学などが定期公演や演奏会を開催していますが、中でも東京学芸大学管弦楽団による演奏はレベルが高いと評判になっています。
参加メンバーの数が多いのも特徴のひとつでして、なんと100人以上が在籍していて、迫力もあり、尚且つ感動的な演奏を聞くことが可能です。
定期演奏会などが開催される際には事前にご招待券の申し込みが行われます。

東京学芸大学の音楽系サークルでは楽器演奏が可能な団員を募集していますから、これらに参加して共に公園や演奏会を盛り上げてみるというのも良いでしょう。

また同大学には、東京学芸大学ウインドアンサンブルという吹奏楽系のサークルもあり、このサークルでも定期的に演奏会が行われています。
普段から音楽に親しんでいる大学生達による本格的な演奏ということもあって、ダイナミックでとても素敵な演奏を耳にすることができるのではないでしょうか。
2016年の6月にはラベンダーコンサートを、そしてそれ以外の季節にも様々なイベント毎に演奏会を行っているため、東京学芸大学ウインドアンサンブルが奏でる素晴らしい音楽を聴く機会は意外と多いでしょう。