武蔵野音楽大学など、有名音楽大学の定期公演・演奏会

武蔵野音楽大学はじめ、首都圏の各音楽大学にて行われる定期公演や演奏会について紹介します。

武蔵野音楽大学での撮影 レポートTBS日曜劇場『仰げば尊し』の撮影が行われました!

TBS日曜劇場『仰げば尊し』は2016年の7月から9月までの間放映されているテレビドラマです。
このドラマはとある高校の吹奏楽部に関するお話で、感動的な展開を迎える素敵な作品です。
音楽好き、音楽経験者のみならず、様々な人たちが見て楽しくことができるドラマ作品に仕上がっています。

TBS日曜劇場『仰げば尊し』に出演している俳優陣はとても豪華で、名優でもある寺尾聰、さらには若手で注目の女優でもある多部未華子、千葉真一の息子でもある真剣佑などが出演しています。
その他にも石坂浩二、佐野岳、石井杏奈などが登場していて、幅広い世代の人から支持されていますよ。

そんな有名ドラマのTBS日曜劇場『仰げば尊し』に武蔵野音楽大学が登場しました。
第4話目ですが、武蔵野音楽大学の入間キャンパスを舞台に話が繰り広げられていて、そこで数多くの名優たちが演技を繰り広げていました。
ドラマを見るとわかりますが、武蔵野音楽大学の良い雰囲気がしっかりと伝わっていると思います。

吹奏楽を行っている高校生が上を目指して頑張る!という作品ですが、こういった作品はあまり多くありませんので、見ていただきたかったです。
もうTBS日曜劇場『仰げば尊し』は終了してしまいますが、再放送されたりDVD化される可能性もありますので、その際には是非とも見てくださいね。

数ある音楽系大学の中で武蔵野音楽大学が撮影の場所として選ばれたというのは、やはり何らかの魅力があったからに他ならないでしょう。
武蔵野音楽大学はもうすぐ江古田新キャンパスが誕生して全く新しい形になるわけですが、今回撮影場所として選定された入間キャンパスも非常に味のある素敵な空間です。

TBS日曜劇場『仰げば尊し』の放送を実際に見て、武蔵野音楽大学への進学に興味がわいてきた人や音楽活動、楽器演奏、音楽鑑賞などに興味を抱いたという人も少なくないでしょう。
音楽は人生を変えるとも言いますが、本当に素晴らしい芸術でもありますので、TBS日曜劇場『仰げば尊し』をきっかけに興味を持ってください。

TBS日曜劇場『仰げば尊し』の魅力は公式サイトやネット上の口コミなどを見ていただくとよくわかると思います。
TBSの公式サイト(『仰げば尊し』のページ)には、現場レポートのコーナーもあり、そこには武蔵野音楽大学の撮影風景についても紹介されています。
緑あふれるグラウンドなども写っていて和むこと間違いありません。

TBSで使われるのには理由があった。完成度の高い学園祭に注目

「ミューズフェスティヴァル」というのは、武蔵野音楽大学で毎年開催されている学園祭のことです。
この音楽大学だけではなくて、通常はほぼすべての大学が学園祭を開いていますが、武蔵野音楽大学は音楽に特化しているだけあり、ミューズフェスティヴァルの演目も音楽がメインとなっています。
ですから学生やその保護者はもちろんのこと、音楽大学をめざす学生、そして一般人までもが訪れ、非常に賑わいのあるフェスティヴァルになります。

2016年のミューズフェスティヴァルは、10月20日から始まり、23日の日曜日まで、全部で4日間も開催されました。
20日は前夜祭という位置づけですが、21日からは本祭となります。
4日間とも素敵な音楽を聴くことができ、この学園祭目当てで地方からわざわざやってくる人も多いようですね。

2016年に開催されたミューズフェスティヴァルを例に説明しますが、初日の前夜祭では、仮装オーケストラなどが行われました。
そして21日(本祭1日目)は、武蔵野音楽大学に通っている学生による演奏や出店、展示コーナーが設けられるといった感じです。
食べ物、飲み物は当然のことながら、お酒類の提供もあるので、思う存分学園祭を楽しむことが可能ですね。
各部活動やサークルなどによる展示も素敵で、何時間見ていても飽きることはありません。

バッハザールと10号館101室の2か所で常に素敵な演奏が為されている状況ですから、音楽好きにはたまらない状況ですね。

10月22日は土曜日、23日は日曜日ということもあり、来場者も多かったみたいで、22日はカールマン・ベルケシュ氏が指揮を務めた管弦楽団による演奏がありました。
学内のオーディションで見事合格を果たした学生がホルンの独奏をするなど、見ていて感動する展開でした。
もちろん出店や展示といった催しは本祭日は毎日あり、来場者を楽しませてくれていました。

そして23日の日曜日は最終日ということもあり、盛り上がりは凄かったです。
附属高校に通っている生徒による演奏やコンサートバンドによる演奏がありました。
また招待演奏として、佐藤美枝子氏や下岡達朗氏をはじめとした素敵な楽器演奏がありました。

一般的な大学で行われる学園祭もとても素敵で、誰もが楽しむことができますが、武蔵野音楽大学の「ミューズフェスティヴァル」の場合はそれらとは比較にならないほど本格的な祭りとなります。
少しでも音楽に興味のある人は訪れるべきでしょう。